<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

竹布、オトナ中のオトナ買い!


12.11に行ったエコプロで、
(株)ナファ生活研究所
竹布製品を大量買い。

伊勢に行っていたので、昨日届けて
もらいました。うれしい~~♬

e0348748_11581061.jpg



11月に竹布の靴下、パンツなどを
身につけるようになってから、もう
大ファンです。

とにかく、やさしい、あたたかい、
気持ちが良い!!

この時から、肌に直接触れるものは
すべて竹布にしたい、と思うように
なりました。

で、徐々に、と考えたいたのですが
エコプロでは廃盤商品を中心に
とってもお手頃価格で売られて
いましたので・・・

もちろん、オトナ買いのつもりで
行ったのですが、その肌触りに
「あれも、これも」となり、
まあ、オトナ中のオトナ買い
くらいになりましてん。笑

e0348748_11581132.jpg



2015は、今よりもっともっと
自分を生きる=シンプル&心地良さ

これを徹底的に追求していくので、
そのキックオフとしても幸先が
良いです。



竹布を作って、傷ついた人を守りたい。
そんな想いから作られた布は。
扱う人もやっぱり優しい。

11月に相田社長のお話しを伺った
時の記事はこちら
竹布TAKEFU、ご存知ですか?
[PR]
by pikabo | 2014-12-20 06:07 | ◆遊びの達人養成講座

アロハタロットで心にアロハを♡


わがクンルンシスター、
まゆちゃん こと竹下麻由さんに
アロハタロットを
習っています。


e0348748_11581963.jpg



ハワイの風を感じさせる、
明るく優しい絵柄に、なぜかほっこり。

でも、その実力は半端ないです。

普通のタロットと同じく
大アルカナ、小アルカナがありますが
ハワイの神話、自然観が
背景にあるので、自然とともに
暮らしてきた日本人には、より馴染み
やすいのでは、という気がします。

それに、東洋思想に通じる
ダイナミックな世界観が表現され。。

表層的にみると、可愛くてキレイな
感じ。でも、深掘りすれば、結局は
自分の内面があぶり出される。

自らのうち、裏にあるものを見つめる
のが、占いだとも言います。



今朝、ひいたカードは『聖地』

e0348748_11581924.jpg



天と地をつなぐのが人。
自分の立てる場で天地をつなぐ。

そんな存在になれれば、
すなわちそこが
まぎれもなく聖地、なのですね。

初めて自分ひとりで引いたカード。
この意味を、大切にしたいな、と
カード見つめながら、思いました。











[PR]
by pikabo | 2014-12-11 21:30 | アソビの達人

ジャンクの奥のイノチを見つめる


皆さんは、食べ物や健康に気を
使っていますか?

私もよく聞かれますが、答えは。

「特に・・・。」


ちゃんちゃんっ♪

e0348748_11582722.jpg



いや、ホントのこというと、自分
なりにはあるのです。

・食べたい時に食べたい物を食べる
・ヨガやクンルン、散歩等でよく動く
・自然の中に身を置く
・よく笑う、遊ぶ
・目の前のことを一生懸命やる

etc.etc...


中でも、食べ物にはほとんど
こだわらなくなりました。

前は、マクロビ、ベジタリアン、
かなり突き詰めていろいろやって
いましたが、今はそれよりも、

「食べたいときに食べたいもの」

を、みんなでワイワイ楽しく、
が断然しっくりきます。

なので、ジャンクフードと言われる
ものもたまには食べます。

山には欠かせぬ、カ♡プヌードル、
禁断の、ビッグマ♡ク&コーラに
ポテトもつけちゃう!!笑


よく、工業的な生産のものには
タマシイがこもっていないとか、

動物性のものは、肉にされる段階で
恨み、悲しみ、怒りのエネルギーが
込められる、という人もいます。

その側面もあるのでしょう。

でも私は、それより以前に
今日食べられることのありがたさ、
をまず感じたいと思います。

そして、たとえ大量生産で、
添加物にまみれてできたものでも、
その一つひとつには罪はなく、
まぎれもなくおおもとはイノチで
あることに変わりはないと
考えています。

例えば、パン。原料生産の
段階から農薬や化学肥料が大量に
使われていることでしょう。

でも、小麦自体の成長は、
どうやっても小麦の生命力です。

そこは逆立ちしても、人智の及ばぬ
ところです。

なので、そこと共鳴していれば、
「食べる」ことが「いただく」
ことにつながるのだと思っています。

そんな思いがふくらみ、イノチの
根源に触れたいと、自分も野菜や
ミソを作ったり、なるべく無農薬や
低農薬のものを選んだりします。

それらの経験も有り、経済優先で
生態系を乱す化学物質の濫用には
首を縦に振るわけにはいきません。

イノチの原理に即さないからです。

でも、拳を振り上げてみても
ベクトルの向きが違うだけで
エネルギーの質として同じであれば
巨大資本に適わないのも知っています。

だからこそ、アンチ○○!という
仮想敵をつくるやり方ではなく、

奥の奥にある、「イノチ」に目を
向けて、そこと共鳴したいな、と
最近はつくづく思うわけなのです。











[PR]
by pikabo | 2014-12-02 09:16 | アソビの達人