<   2014年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

佳きかな佳きかな。。


わい×2♪

e0348748_11551487.jpg


写真をほめてもらった。こんなにボケてるのに^^
ちょっと予想外だったのでうれしゅうございます。
ほんと、いつもスマホでパシャっとしてるだけだから。

ただ、ちょっとだけ気にしていることがあるとすれば。
対象がどんな風に撮られたがっているか。
そして何枚も撮っては削除。
すごく下からとか上からとか撮ってみる。

なんて。これも、「慣れ」かな!?




調子に乗って、これから撮りまくる。ワタシ。
だって、友達のミラーレスカメラももらったし。
(あげてない、貸しただけと本人は言うだろうが。笑)


e0348748_11551401.jpg



まだ風が強いけど、変化の予感。
皆さまにも佳き日、佳き風となりますように。。












[PR]
by pikabo | 2014-03-31 09:18 | アソビの達人

卒業、そして新たに。


3月ももう終わり。
東京でも桜が咲き始めましたね。
新たなステージの到来を予感させる桜。。

e0348748_11551626.jpg



3月と言えば、卒業や異動など、別れのシーズンでもあります。
昨日も幼稚園でしょうか?手に筒をもった男の子がご両親と
一緒に晴れやかに歩いていました。

この季節になると、「卒業」とは関係のない大人も
どことなくそわそわしますね。いくら肌寒い日が戻ってきても
冬の服は着たくなくなる。

そして何故か新しい洋服が欲しくなる。
=古い服を処分したくなる。そんな時期でもあります。

私は幸い花粉症もないので、この時期はよく家のものを大処分
したりします。しかも突発的に。。今はやりの断捨離ですね。

これはやはり、天体の運行が関係しているようです。
先日手に入れた「地球暦」によると、春分の日が一年の始まり、
元旦ということです。だから身体感覚的には、この季節が
新らしい年の始まりの方がしっくり来るのでしょう。

カラダから見たときも、今は、冬から春へと移行する時期でもあります。
肌目や骨が開き、内外の気の交換が盛んになります。新陳代謝がどんどん盛んになり、古いものを捨てて行きます。

春に苦い野草が多いのは、それを食すことで、冬の間に体内に
停滞した毒素を排出するため、とも言われています。
花粉症も、その一種なのですね。東洋医学的には
出るもの拒まず、ですから。

そんな時期なので、何かを新しくしたくなるのは当然のことです。
今朝、仲間とLineで話していたのですが、FBやブログで、
プロフ写真を変えたくなったりしませんか?もしそう思っていたら。。

とても良い時期です。

特に、来る3月31日3:45分に新月になるので、
新たな一歩を踏み出すにはグッドタイミングです。

プロフ写真は、その人そのものです。
たかがプロフ、されどプロフです。
春の気を取り入れ、気持ちの良い屋外で撮ってみましょう。ありったけの笑顔で!
特にFBは、投稿したり、コメントするたびに、人の目にふれます。その時、その人らしい自然な笑顔だったりしたら、見る人はそれだけで嬉しくなりますね。

そして、自分にも、何か良いことが起きる予感がしませんか?



これまでの自分を卒業して、新たなステージに行く。
そんな気になるのは、季節的にも実はとても自然なことなのですね、今って!










[PR]
by pikabo | 2014-03-29 12:00 | アソビの達人

なんて愛しき人たち!


2年間体操を教えさせていただいた、
介護予防の教室の最終日でした。

e0348748_11551719.jpg



八ヶ岳の家と東京の実家を4匹のワンコと毎週往復し、
母親の介護をしながらお仕事させていただいておりました。

その間、だんだんと衰えて行く母の老人施設を探したり、
愛犬サンタ、そしてすぐに母親の死を経験する、という
たくさんのできごとがつまった2年間でもありました。

最初は介護と両立できるし、
時間的・ギャラ的にも悪くない、という気持ちで受けた仕事。。

でも、いつしかそこに来る方々の生き様に惚れ込み・・・
思っていた以上に私の中で大きな存在となっていました。

このほんわ会は、名前の通り、新しく来る人を柔軟に
受け入れてくれる、ほんわかした懐の深い集まりです。

最年少72歳、最高齢94歳。
総勢14人のメンバーみなさん、それぞれにドラマがありました。
特に、最長老で最高齢のHさんは、息子さんと
2世帯でお住まいですが、基本ご自分のことはすべてなさいます。

普通はこのお年になれば、ベッドで寝起きすると思うのですが
Hはさんは、健康のためもありお布団だそうです。上げ下ろしが運動になる、と。

たまに、メンバーのために近くの果物屋さんで、大きなバナナを買って持ってきてくださったり。。

去年、一番の仲良しだった方が亡くなってからも気丈に振舞われるお姿は、皆さんの鑑そのものでした。

お教室は、いつも笑いがたえず、みなさまも「ここに来るのが何より楽しい」と、おっしゃいます。

たった2年間。されど2年間。
様々なことを学んだ月日でした。












[PR]
by pikabo | 2014-03-25 18:12 | ノート

【マーガレット】今月のアレンジ

三度目のフラワーアレンジレッスン


テーマは「咲く」

e0348748_11552122.jpg


マーガレットって、菊科、春菊属の
お花なんだそうです。確かに葉っぱが
春菊みたい。

バラやチューリップ、大きめの
レモンリーフと合わせて、
ざっくりとアレンジしていきます。

こんなにかわいい花たちなのに、
私がやると、どうしてもあっちゃこっちゃ
ワイルドになってしまう(^^;;

でも、こうして、自分で花たちと
対話しながらアレンジを作るって、
本当に楽しいひと時なのですね。

じぶんの目も、鼻も、手もよろこばせ、
五感を総動員させて集中する。

そんな時間をちょっとでも持つことで、
暮らしがとても豊かで彩りに満ちたものに
なる、と実感するのです。







ciao!











[PR]
by pikabo | 2014-03-20 17:45 | アソビの達人

「楽しい」は自分でつくる


仲間と3泊5日でハワイに行った。
それはそれは素晴らしい旅になった。

e0348748_11552289.jpg




なんでかっていうと、、



もちろんハワイの持つエネルギーや気心知れた
仲間との旅、という要素はあるけれど。

それ以前に、じぶんたちですばらしい旅になるって
意図して、その通りに動いたから。


***

始めから波乱はあった。

搭乗前に、中村麻美さんが自身の
マックブックをトイレに置き忘れた。
すぐに気づいて戻ったけれど、すでにそこにはなく。
幸い誰かが税関に届けてくれていたとのこと。
それを1日遅れでハワイ入りした仲間が受け取って
持ってくるという、ミラクルなリレーが行われたり。

ホテルのwi-fiが有料で結構な金額するので、ちょうど良い
機会だから、期間中ネットに繋げなかったり。
(普段、どれだけ依存しているかがよく分かった)

ハワイの人も驚く強風と低温に凍えまくったり。

それに5日間、潜在意識でつながっている仲間とはいえ
リアルではまだ会ってまだ半年もたってない人たちと、
がっつり一緒にいるっていろいろ見えてくるものもある。
ちょっとザワつく感じとか。。



でも、そんな小さなことは、全体に対しては
何のダメージにもなり得ない。

それは一人ひとりがまず受け取ることを許可し、
起き得ることすべてをしっかりと受け取ったから。
お互いがお互いのキャラを際立たせ、
それなりの働きをやってのけたから。

それが「旅」の醍醐味ってものだ。
「一緒に行った仲間」という段階ですでに
ひとつの有機体として機能する。

これはどんなことにも当てはまるのだ。


一人ひとりがじぶんで立つことで、集団がしなやかに動く。
一人ひとりがじぶんで創ることで、集団のさらなる創造が
生み出される。

これだから、人との関わりってやめられないのだ。
生かし生かされ。。




人生も旅のようなものだ。

どんどん関わって混ざり合って、今回の
ハワイ旅行のようにすばらしいものに


じぶんでしちゃえばいい!











[PR]
by pikabo | 2014-03-19 07:11 | アソビの達人

は、わ、いいね!


おや、そこのお方はわたしをどこか
異国の地に連れて行っておくれかえ?

e0348748_11552498.jpg

んだす。。









な、わけで
神出鬼没の遠藤レーコ
本日よりちょっとそこまで、はわいまで♪


行ってきます。







・・・って、まだパスポートしか準備できていない私。
これからダッシュで荷造りです。
ブログ書いてるばあいぢゃないか( ´艸`)







ハワイレポートお楽しみに~~♪











[PR]
by pikabo | 2014-03-13 06:43 | アソビの達人

手前醤油!?仕込み


ちょっと前になりますが、3月8日、
手前醤油の仕込みに行ってました。

味噌は毎年仕込むけど、醤油は初めて。

私が会員になっているNPOメダカの学校主催の行事でした。
メダカの学校は、さまざまなイベントなどを通じ、
日本の自然再生や、食について、
そしてどんな未来を子どもたちにバトンできるか、
など多角的に取り組んでいるNPOです。



午前中は、東京あきる野市にある近藤醸造さんで
塩きりという作業を行います。

e0348748_11552664.jpg




お醤油の原料となる、国産の安心美味有機大豆と小麦で作った
大豆麹と塩を混ぜ合わせます。

e0348748_11552620.jpg




まぜる、まぜる。ひたすらまぜる。みんなの思いも一緒にまぜる。
美味しいお醤油になあ~れ♪

e0348748_11552672.jpg






近藤醸造さんの庭の片隅に佇んでいました。

e0348748_11552705.jpg

いったいどんな仕事をしてきたのか。
「天空の城ラピュタ」を思い起こさせるような
風貌に、私の想像力がかき立てられます。

何年もお醤油を作り続けて、今は道祖神となって
地域を見守っている・・・?


こういう時間をかけて自然と風化したような、
そんなモノやヒト、景色が好きです。






夕方には、吉祥寺にあるメダカの学校本部で
塩きりした麹と今度はお水を混ぜ合わせます。
お水はわざわざ近藤醸造さんの井戸水を何リットルも
トラックで運んできたそうです。

e0348748_11552854.jpg

80リットル樽をこの日は9樽。
こんども入れる、混ぜる、入れる、混ぜる。
特に、塩が底に沈みやすいので、溶けるように
この混ぜ合わせたものを「もろみ」というそうです。
聞いたことあるものを自分で手がけることの感動ったら!

ただただ力仕事!

そして、このもろみを大事に管理するのがまた一仕事なのです。

天地返しといって、別の樽に移しながら空気に触れさせる。
底の塩を表面にだすことも目的だそうです。
これを最初は三日後に、その後は週1回、塩が溶けたら月1回を
9月まで繰り返す。
この間、高温で変え通しの良いところで、大事に育てます。
そして、だいたい1年後にしょうゆ絞りという作業を終えて
おしょうゆとしていただくことができます。

ふう。

でも、この大変な作業を繰り返すことで、
他では絶対に味わえない、甘くて滋味あふれるお醤油になります。


昨年仕込んだ絞り前のもろみを味見させてもらったのですが、
本当に甘くて美味しいかった!!


今年はメダカの学校さんに管理をお願いする
個人参加という方法ですが、来年はぜひ自分で
ひと樽(一升瓶30本くらいとれるそうです!!)
仕込みたいと思っています。











[PR]
by pikabo | 2014-03-12 04:09 | アソビの達人

”人生はアート!”って??


何年も前に、東京の西の方、国立の魔女に絵を習っていた。
(こどもの絵のようだ。。。苦笑)


<国立の魔女> ↓↓↓

e0348748_11553183.jpg



その魔女の教え方

「こう、シャーってやってザザザー、で、ずんって描くのよ」



・・・



全く分からん。

でも、こうだろうと思って描くと、
アトリエのはしごに手をかけ、肩越しに人の絵をみて、

「あ~ぁ。。」



な、何?違うの?
じゃ、どーすりゃいいのさっっ?

食い下がって聞くと、
さっきと全然違うこと言う。

そんなことばを操る魔女とは
10年以上つきあった。

おかげで異文化言語の理解力が
格段に上がったと思う。



教室には毎回4~5人の生徒さんが
いて、それぞれ自由に描いていた。

たまに同じモチーフがかぶることが
あるのだけど、本当に見事に違う絵に
なるのが不思議でならなかった。

その頃から私はみんな同時に見ているもの、
例えば赤いリンゴ、が同じように見えているとは
到底信じられなくなった。

日本人同士でこんなに違うのだから
青い瞳の人と、黒い瞳の人が
おんなじ色に見えるわけない。

でも、「目」の専門家には一笑されてしまった。。



・・・



それでも、おのおのが描き出す瞬間はどれも輝いて
いたことに
私は魅了され、ある確信を得た。


誰だって、その人の世界がある
誰だって、アーティストなんだ



それは今だに揺るがない。


1月にやったビジョンボードのワークショップでも、
みなさん素晴らしい作品を作り上げた。

e0348748_11553250.jpg


ただただ感動する。

そして思う。

みんなの中のに潜んでいるアーティストは
表現されたがっているのだ!!

と。


そして私にはもう一つ確信がある。

出来上がって、納得してサインした絵も、
後で見ると「ああ、ここが、あそこが」って
また手を入れたくなる。

満足なんて、続かないのだよね。



だから、このブログのタイトルは


「わたしたちみんな、一人ひとりがアーティスト
であり、それぞれの人生がアートそのものだ!」

「わたしたちはみんなそのままで100%すばらしい。
でももっと良くてももっと良い!!!」

という思いを込めてつけました。



そんなブログタイトルのような活動を
来月から定期的に始めたいと思います。

「アートカフェ」


詳細は追ってお知らせいたします。
どうぞお楽しみに!

(大阪の方でも何やらわいわい楽しそうなカフェの
お知らせが春風とともに聞こえてきてますよ~♪)











[PR]
by pikabo | 2014-03-07 14:23 | アソビの達人

『気』休み


今日の東京地方は一日雨降り・・

e0348748_11553301.jpg


おかげでワンズの散歩もほぼNG。

特に女子チームは絶対に行きません。
能天気ならくただけは行くのだけどね。

e0348748_11553386.jpg


↑↑こんなになっちゃうから、母的には行きたくないのですが(^_^;)



そしてワタシは仕事もない日だったので、珍しく昼寝をしてしまった。
それも2時間。

でもたまには、こういう一日があっても良いものだ。
気休め、骨休めになるからね。
連日のおでかけやセミナーで疲れていたのだと思う。
週末からほんとにたくさんの人に会ったから。

昨日の記事にした4つポジでいうTAは、そういう
エネルギッシュなところもあるのだろう。

見方を変えれば、猪突猛進というか。
やりたい、会いたい、欲しい、となったら
状況考えずに突っ走ってしまうところも大有りだし。

骨休めってよくいうけど、あれはほんとに必要なこと。
特に、昔のお百姓さんは一日中田畑に立って野良仕事を
していた。だから、骨に常に垂直方向に力が加わる。

人の血液は、もとはといえば骨髄でつくられるから
そういう加重がずっとかかっているとあまり良くない。

なので、お百姓さんは「横になって」骨休めを必ず
していたそうなのだ。ワタシもそれなりに気を遣って
いたから、「気」休めのための雨だったのだね。

でも、ブログいじくってたりしたらあっという間に
時間が過ぎた。

いったい「気」休めになっているんだかσ(^_^;)



明日はお天気になりますように。。
みなさま、おやすみなさい。ステキな夢を!!











[PR]
by pikabo | 2014-03-05 23:54 | アソビの達人

33プロジェクト


3月3日はひな祭り。
ということで、女3人集まってワイワイとやりました。
(真ん中はおじさんのようなこう見えておばさんKです)

この日は、これから新たなスタートを切る
『33(さんさん)プロジェクト』の決起集会でした。

e0348748_11553469.jpg



え、33プロジェクトって何??


それはね。

新しい形の生き方暮らし方を探っていくプロジェクトなのです。
このアートゲリラのワークショップやセミナー、アートカフェや
姉Makikoによるマスニコ塾の自宅勉強会など。
謎の友人Kは野外力検定という遊びの達人なので、
八ヶ岳33cottageでまた展開していきたいと思っています。

e0348748_11553439.jpg


e0348748_11553407.jpg



そして、ゆくゆくは東京の自宅をみんながわいわい
集まれるような場所として
解放するために、
家をつくることもしたいのです。
DIY、エコ、国産材というキーワードで。。

ま、三人寄ればかしましいのは当然なのですが、
さすがに文殊の知恵じゃないけど、
色々なアイディアが生まれるのでは?という期待を込めまして。

いかに遊びゴコロに満ち、暮らしを愉しく美しく彩れるか、
ということを提案していきたいと思っています。

家作りワークショップなどもやりたいと思っておりますので、
どうかお楽しみに~~~♪











[PR]
by pikabo | 2014-03-04 21:55 | アソビの達人