カテゴリ:カラダに聞く( 24 )

すっくと立つ

毎月一日の氏神さまへのお参り

今年も7回目ともなると、
神々との距離も縮まって
なんとも懐かしい感じになってくる

一人ひとりの中にしっかりと
存在するなにか

そこにふれる時間でもある


最初から参加している人の
透徹する変化にもハッとする


e0348748_18362847.jpg


自分のなすこと、道を見つめ
それに進む姿は美しい

気負わず、地球の中心に向かって
すっくと立つ

子どもが純粋に二本の足で
立ち上がる瞬間にも通じる


当たり前だと思っていたことが
奇跡だったと気づく、一瞬











[PR]
by pikabo | 2015-07-03 18:33 | カラダとの対話

親知らずの意味


この数日、友人宅に居候している韓国からの留学生Mちゃんが親知らずで苦しんでいるとのこと。

24歳の今まで、親知らず知らず。。笑
1本の歯も抜いたことがない、ということで今回始めての歯痛に耐えているそうです。

昔は、歯科処置で歯を抜くことなんてなかったことでしょう。だから、だいたいの人は親知らずも生えていたと聞いたことがあります。

アゴがしっかりと発達していたから。

でも、最近は産まれつきアゴがほっそりしているから、生えるスペースも無くて、そもそも退化していて生えないこともあるそうです。

ただ、それもあるのですが、彼女は今まで本当に歯を食いしばって、弱冠18歳から一度も祖国に帰らず頑張ってきました。気づかぬうちに、かなりの緊張を強いられていたことと思います。

それに、友人宅に来る前は吉祥寺にあるシェアハウスにいたのですが、シェアハウスと言うのは名ばかりで、一人のスペースは2段ベッドの一段。キッチンもリビングも玄関も、シャワールームもお世辞にもきれいとは言えず、、残念ながら安心して勉強できる状況ではありませんでした。

Mちゃんは、税理士を目指しているので、電卓をたたいて深夜まで勉強するのは当たり前。が、さすがに上のベッドの住人も我慢の限界を超えたらしく、あるとき恐ろしい文面の手紙が置いてあったそうです。以来、彼女は難民のごとく、図書館や学校をさまよっていたとか。

でも、2月から友人宅に身を寄せるようになり、個室もあり勉強も好きなだけできることになりました。無事大学も卒業したし、あとは就活と8月の税理士試験に向けて頑張っているところです。

とにかく、生活環境が整って、慣れてきたことが一番の安心材料だと思います。友人宅には、デブねこもいるので、勉強に飽きると癒しを求めて部屋から出てくるそうです。最近はその頻度も高いそうな・・・笑

そうやって、緊張がほどけてくるのと同時に、今まで潜んでいたものが出てくることが本当によくあるのです。

きっと、親知らずもその一つなのでしょう。親思いのMちゃんの親知らず。少し休んだ方が良いよ、というメッセージでもあるかもね!?

この季節、色んな意味でデトックスや変化が起きるとき。無理せず、それらをじっくり味わうのも、カラダからのメッセージを受け取る格好のトレーニングにもなります。

かくいうワタクシは、この時期は眠くて眠くて、どんだけでも眠れる。。これ以上休めってことでもないような気もするのですが・・・(;^_^A











[PR]
by pikabo | 2015-04-13 14:24 | カラダに聞く

原初のチャクラで食べる


25年ほど前。ちょっとの期間、
マクロビアン(?)だった。

そのころはまだマクロビ、何それ!?

という時代だったので、玄米は
オーサワのカムカム鍋で炊いていた。

それはそれで美味しかったし、胃腸も
丈夫なので問題は感じなかった。

でもある晩、友人と行った
オーガニックレストランにて。

お料理とお酒を楽しくいただいて
いたその隣の席では。。

20代のカップルが、何も喋らず
黙々とご飯を食べていた。

恐らく、89、90、91、、
とか数えながら食べて
いるのだろうな~、と思った。

若い二人はきっととても真面目で
繊細なのだろう。

でも、なんだか

「楽しくなさそう・・」


そして、私の中の何かが壊れ、
マクロビとかへの情熱が
急に色あせてしまった。

それ以来、あまりこだわらず
あまりジャンクになりすぎず

肉も魚も、食べたいものを
食べたい時に食べてきた。

もちろんマクロビフードは今でも
好きだし、その考えは根底に流れている。

だからこそ、お陰さまで、いたって
元気に毎日を過ごしていられるのだろう。



でも、先日、原初のチャクラ
(足裏)を感じ、グラウンディング
を意識しながらランチを食べる、
というワークをやった。

e0348748_11574538.jpg



















そのとき、100回~200回
よくかんで食べる、というのも
あわせてやってみた。

70回くらいで何も口の中に
残っていなかったのだけれど、、

久しぶりに、カラダにしみわたる
感覚を味わった。

一つひとつの素材も独立して
感じられた。

すると、むこうから飛び込んでくる
何かがあった。

物質としての食べ物ではなく、
その奥にあるエッセンス・・?

あえてコトバにするとしたら、

「滋味」


そして思った。

ああ、これこそが、人にイノチを
もたらす原初のチカラなのだと。

自分から歩み寄ることで
食事という行為を通じ、自然との
一体感を味わうこともできるのだと。



己の原初と、相手の原初が呼応し、
新たな息吹が吹き込まれる。

これこそが、食=「人+良」。


世界はなんと奥深い輝きに
満ちているのだろう。。












[PR]
by pikabo | 2014-10-13 19:58 | カラダに聞く

経血コントロール・・・?


って、
最近密かにブームなのですね。

以前、ゆる体操を教えていた時、
大和撫子のからだ作り、という
クラスも持っていたので、
その時はよく話しておりました。

でも、今、こんなに世間を賑わして
いるとはつゆ知らず。。

ま、やり方はサイトで検索すれば
いろいろ出てくるのでそちらにお譲り
するとして、ワタクシ的つき合い方をば。


まず、自分の感覚として

「心地良いか」
「楽か」


経血コントロールは、会陰部の
特に後ろ側をキュッとやわらかく、
下からはピンポン球でやさしく
押し上げるように、上からはネットで
ふっと引き上げるような感覚で
行います。

ピンポン球がポイント!


でもこれって、そんなに簡単ではない。

腹横筋といってお腹の奥の筋肉や
骨盤底筋、括約筋の使い方が
上手にできなくて、どうしても
経血を子宮内に留めておけない人も
いると思います。

また、経血量が多い人は、
なかなか難しいかも。

そんな場合は、安心して
普通のナプキン使いましょ!

日本のナプキンは、世界一優秀!!
ちょっと昔の感想ですが・・σ(^_^;)

それに洗うのだって大変です。


そして、
「昔のオンナはできていた」って
言うけど、ホントのところはどう?

昔のオンナが今の生理用品あったら
使うと思いませんか?

昔のオンナにもPMS(生理前症候群)
あったっておかしくないのでは?

もしかして、生理の期間は
行動がかなり制限されていたかも?


なので、あまり気にせず、
メリットデメリットを良く考えて。


ただ、
慣れれば本当に気持ちよい!

暖かいし、かぶれにくい。
もちろん、清潔を保てればの話し。

そして、経験上、かなりの方が生理
不順が楽になったとか、
生理期間が短くなった、と
おっしゃっていました。



要は、自分の選択ですね、これも。




あまり頑張りすぎずに、
臨機応変に取り入れて
みてはいかがでしょうか?











[PR]
by pikabo | 2014-09-06 13:10 | カラダとの対話

雑巾がけヨーガ!?


毎日とまでは行きませんが、
基本、雑巾がけが大好きです。

e0348748_11572908.jpg



makitaの充電式クリーナーで
ササッとお掃除して

普通はモップで水拭きなのですが、
たまに雑巾がけを徹底的にします。

この雑巾がけ、実はすばらしい
エクササイズになります!

何といっても、あの姿勢が大事。

肩甲骨から腕があると思って、
大きく動かします。

肩こりにも効果的ですね。

もちろん利き手だけでなく、
左右どちらも使います。

雑巾を絞るのは、手首を
ねじる良い運動。

また、四つん這いになって
カラダを支える時に、胸の
センター、腕のセンター、
丹田を意識しましょう。

ついでに呼吸法まで
やったりして(笑

みんな鍛えられて一石五鳥!?

そして、できれば床を通して
大地、地球を感じてみる。

わたしはなぜか
「ありがとうありがとう」と
つぶやいてしまいます。

そうすると、家や土地が、
とても喜んでくれます。

ますます、自分を雨風、いろんな
ものから守ってくれる。

ありがたいですね。

終わったあとは、身もココロも
スッキリ!

もちろん、風水的にもばっちり!

これは、
間違いなく一種のヨガですね。

よいこと尽くめの雑巾がけ。
ホントにおススメ!!












[PR]
by pikabo | 2014-09-05 08:00 | カラダとの対話

カラダを通じてしかわからない


情報や知識。
今やどんなことだって
「検索」すれば答えは出る。
(ように、見える)

でも、カラダを通じて得るもの。
ここにしか私の真実はない。


しっかりと腑に落ちる感覚。
感覚というより、身体の持つ意識。
それは、どんな理屈にも勝る。



だからこそ、もっともっと
研ぎすまされたものにしたい。


カラダが動き出す前の、
微細なモーション。


カラダがひらかれるときの
何ともいえない喜び。


自分のカラダを内側から
見てみること。


そんなセンスを磨くほど、

日常にを、
日常に感謝を見つけられる、


という気がしてなりません。










[PR]
by pikabo | 2014-09-04 23:39 | カラダとの対話

遊びゴコロは遊びカラダに宿る!


車のハンドルやブレーキに
アソビが必要なように、
カラダにもアソビが必要です。

例えば、筋肉。

一流のアスリートは、すべての
筋肉を完全に緊張させている
わけではなく、使った筋肉を
次の瞬間にはお休みさせて
隣の筋肉を使います。

そうやって次々に連動させることで
すばらしいパフォーマンスを
繰り広げているのです。

だから、脱力が大事!と言われる。
リラックスが大事!と。

水泳の選手がスタート前によく
手をブラブラさせるのもそう。

集中しても筋肉は脱力させる



でも、そんな簡単に脱力なんて
できるものでもありません。

私が高岡英夫先生のところでゆると
極意をやっていたとき、
先生にいつも言われておりました。

「固い」って・・・(^▽^;)

これはカラダの柔軟性とかそういう
意味ではなく、ゆるんでない。

究極は骨がクルームミルクの
状態になるほどゆるむ、って。。

何じゃそりゃ!?
ですね~~(>_<)


でも、今日保育園で遊ぶ子どもたちを
見ていて気づいたのですが、


e0348748_11573028.jpg


子どもにもアソビのうまい下手がある。

カラダのアソビもまったく同じで、
やっぱり遊ぶのが上手な子は、
カラダを緊張させずに、全身が
とてもゆるんでいる。

そういう子は怪我も少ないはずです。

だから、子どもの時に全身を使って
遊ぶのは、本当に大事だなと思いました。

おしくらまんじゅう、
馬跳び、
石蹴り、
竹馬、
でんぐり返し、
逆上がり、
ケンケン・・・

ほとんど道具はいらない。
友達がいれば、カラダでたっぷり遊べます。


オトナもね。

カラダをリラックスさせて
柔軟に使うためには
たくさん遊ぶのが良い。

土の上を裸足で歩いたり、
動物の真似をしたり、
(これは野口体操でよくやりました)
声をカラダに響かせたり。。

とにかく、カラダが気持ちよい、
と思えることをたっくさん
してあげてください。

できればバカバカしいことが
良いですね~~。

笑っちゃうようなこととか。
(笑えば緩みますからね!)



カラダにアソビがあれば、
ココロにもアソビができます。



何だかいつもゴキゲンな人って
いますよね!

そういう人は身もココロも
アソビがあるのです!!



この方のように!?笑

e0348748_11573030.jpg











[PR]
by pikabo | 2014-09-04 19:33 | カラダとの対話

カラダの目覚め


朝のハタヨガ、ほんとに気持ちが良い

シバ神に見守られて
眠っていたカラダのすみずみが
ゆっくりと目覚めていく


e0348748_11573162.jpg










[PR]
by pikabo | 2014-09-03 15:17 | カラダに聞く

ボディワーカーが見るヨガの世界


最近始めたヨガ。

まずは気持ち良いこと、
センターや丹田を意識すること、
柔軟性とバランス感覚、
そしてポーズをとるためのパワー、

すべてが今の自分にとって
必要なことだと感じています。

それに、いろいろと
文献をあさると(カタチから入り、
文化的背景を知るのも大好き!)

八支則(アシュタンガ)を通じ
サマディ、解脱を目指す、というのが
ヨガのようです。・・・かな?


=八支則(YOGAに生きるさんから引用)=

1.ヤマ(禁戒・社会倫理):世界との平和な関係ー避けるべきこと
アヒムサ 非暴力
サティヤ 正直
アステヤ 不盗
ブラマチャリャ 禁欲
アパリグラハ 不貧
2.ニヤマ(勧戒・道徳):自分自身との平和な関係ー実践すべきこと
サウチャ 清浄
サントーシャ 知足
タパス 苦行
スヴァディアーヤ 読誦
イシュヴァラプラ二ダーナ 降伏
3.アーサナ 坐法
4.プラーナヤマ 調気
5.プラティハラ 制感
6.ダーラナ 集中
7.ディヤナ 瞑想
8.サマディ 三昧


=引用以上=


と、ポーズだけでなく、生活すべてに
おいて意識すること。
それがヨガともいえるようです。

単なる体操やフィットネスを超えた
深い智慧があるのですね。

うーーーん、たまらん。

とにかく、カラダを通じた探求が
面白くてたまらない!

そして、サーフィンもそうだけど、
ヨガも、いかにリラックスと集中で
地球の中心を捉えられるか、という
ことにかかっているようです。


====


と、前置きが長くなりましたが、
昨日はハタヨガベーシック。

アシュタンガヨガと違い、
そのインストラクターによって
とるアサナ(ポーズ)が違うので
リードに任せてカラダを動かします。

まだ余裕がないので
全然呼吸なんか無視だし、
すぐにぜーはー、プルプルしちゃうし。

でも、やはり高岡英夫先生のところで
学んできたことが役に立つな、と
感じています。

先日の扇谷孝太郎さんのWSでやった
意識を丹田のどこに置くかで相手への
影響が変わるということにも通じます。

カラダの中心に静かに意識を納め、
センターに身を任せると
木のポーズも気持ちよくできました。

e0348748_11565424.jpg


もともとカラダが柔らかいので
ヨガは向いているかも知れません。

どんな世界が待っているのか?

これから、遠藤レーコが見た!
ヨガの世界もアップしていきますね。











[PR]
by pikabo | 2014-08-30 12:32 | カラダに聞く

発熱、その後。。


昨日出た熱。
現在38.0℃、気温じゃありませんよ!

たくさんの方にお見舞いメッセ頂き、
ほんとびっくり。ありがたいことです。

おかげで本日朝6時現在、36.2℃
平熱まで戻りました。

e0348748_11570341.jpg

しかし、今回はいつもと違う。
何だこりゃ。

というわけで、
すべての予定をキャンセルし
発熱の進行をつぶさに観察しました。

いつもは、

喉が痛くなる→だるい→夕方から熱
→熱が上がり、寒気→発熱ピーク→
発汗(だいたい夜中2~3時)→
同時に熱も引いて行き、朝には平熱、
そして全身ギシギシ(^▽^;)

対処法は、

食べない。毎日飲んでいるお茶に
生姜たっぷり、あとは葛根湯などで
とにかく温める。半身浴もします。

つまり発熱発汗しやすい状態を作る。

ただし、自分の意識が明晰であるか、
脳への血流がヤバくないかを
確認しつつ。。

さすがに40℃を超えたら
ヘイ、ドクタ~、ヘルプミー!
ですが。。。(・・;)

そして、寒気も発熱もピークになると
「あ、天井ついたな」と分かります。
すると、大量の汗をかいて熱が
引いて行くのです。


それが、今回は朝から38℃。
午後3時にはマックス39.1℃。

対処法は変わらずですが、進行が。
さすがの高熱に、昼夜逆転か?

しかも寒気もなければ、汗もあまり
かかず。(あ、もちろんかきましたが
いつもに比べたら物足りない)

発熱自体は、夏の疲れと前の晩猫が
ベッドにげぇしちゃったので、
上掛けを洗って毛布で寝たら、
八ケ岳は寒かった。。

な、わけで少々体調不良のところに
恐らく、山から下りて来て
都会の凝縮した暑さに影響を
受けたのだと思います。

熱がこもっちゃった。
カラダが柔軟に対応しきれなかった
ということですね。やば。。

だから、グングン上がる気温とともに
体温まで上がっちゃって。

友人いわく「変温動物か?」だって。
これは温かいお見舞いと受け取り
ましたが。そっか、私ってば
トカちゃんだったんだ~~、とね。

ま、それはともかく、振り返るとここ
しばらく汗をかきやすいカラダ作りを
してきていなかった。

ワンコの散歩は一日長けりゃ2時間~
3時間はあるけど、きなりちゃんが
一緒だと、トータルの歩行距離は
残念なほど少なかったりして。。


呼んだ~~~?
いえ、呼んでません。

e0348748_11570348.jpg



今年は畑仕事も山登りもあまりやって

いないし、温泉に行ってもサウナまで
入ることもなかった。

体温調整である発汗機能が衰えていた、
ということでもあります。

なので、超絶反省致しましたよ。
意識的に汗をかけるようなカラダ
作りをしなくちゃね、って。

そして、カラダの言い分聞いて
いるようで聞いてなかった。
だから、もっともっと耳を傾けて、
より心地良く、より快適に。。


「カラダに聞いて自由に生きる」
自ら徹底してやらなくちゃダメだ!
と、身の回りを反省するちょうど良い
機会となりました。

なので、モロモロ見直します。
まずは食。運動。暮らし方。仕事。

ヨガを中心に、自分にとって心地良い
とは、を徹底して探求しますよ!
(あ、でもストイック系は苦手なので
アソビゴコロで、楽しく、ね!!)

これについてはまた書きます。


皆さまも、体調崩しがちなときです。
どうぞ、ご自愛くださいませ!!












[PR]
by pikabo | 2014-08-21 06:57 | カラダとの対話