<< 山がそこにあったから 好きなように描いて >>

高みに立たず同じ目線で

昨日、平成27年3月9日(27=3×9笑)

の夜はリーズナブルだけどとっても
美味しい「高円寺・桃太郎寿司」で
3人会でした。

お代も一人3千3百円と3並びの
めでたい日となりました。笑


e0348748_11593857.jpg



それにしても、人ってそれぞれの
内に秘めたる思いや情熱があって

食事をしながらお喋りすることで、
その思いが解き放たれる。

後半になってM代さんがポツポツと
語ってくれたそれは、まるで牧師さまの
言葉を聞いているようでした。

「私は仲間はずれを無くしたいのです。
自分と違うとかの理由で他者を
排除するのはもうやめて欲しい。
お互いを認め合って仲間はずれを
なくすことが、世界平和に
つながると思うのです。
私はそういう世界を作りたい。」


なにかじーーんと胸の奥に広がる
ようなそんな感じになりました。

どこか高みに立って語られる言葉
よりも、私にはとっても真実味に
あふれていて、

ああ、M代さんはそれをもっともっと
表現されて行くんだろうな、
とも感じました。


そして、

夕べはたまたまお話しを伺えたから
良かったですが、普段自分は
そういうハートの声を聞いているかな。

表面の当たり障りのないことが
すべてだと思っていないだろうか。
もしくは、高いところからの声に
すっかり魂を奪われていないか。

同じ目線の、聞こえない声にこそ
情熱があって真実がある。
そしてそれはだいたいにおいて
私たち共有の思いだったりします。

そこにもっともっと耳を傾けよう、
と思った帰りの電車でした。

ありがたいことに今日はそんな活動の
ための打ち合わせに行ってきます。


自分の、そして相手のハートに耳を
傾けて、小さな小さな声が外に
出てこられますように。。。













[PR]
by pikabo | 2015-03-10 07:34 | ノート
<< 山がそこにあったから 好きなように描いて >>