<< 笑顔なともだち カラダに馴染む >>

想いを馳せる日

70年前、
大義名分のもとに奪われた
一つひとつの大切な日常

その上に、
今の自分たちの暮らしがある


ならば今に生きる人間はこの日、
及ぶべくもないだろうが

痛みを共感し
自分のものとして受け入れることで
少しでも御魂が浮かばれることを、祈る




e0348748_18444414.jpg













[PR]
by pikabo | 2015-08-15 18:59 | ノート
<< 笑顔なともだち カラダに馴染む >>