<< 土をこねて器を作るということ 身近な存在 >>

おとぎ話しは実際にあった

昔々、殿様に献上したという
八ヶ岳富士見、
とある山の上でのお相撲。

それを学習した地元の小学生が
土俵跡を調査・発見し、
現代に甦らせました。

力士、行事、呼び出し、すべて
子どもたちによる『押立相撲』

最初はおとなしかった子どもたちも
熱戦に次ぐ熱戦で本気度も増し、
応援する方も気合いが入ります。

友人の娘、われらが「小夏の水」は
手に汗握る接戦の末、
行事判定つかず物言い、取り直し。
結果、みごと勝ち星をあげました。

e0348748_21032063.jpg



e0348748_21240330.jpg


e0348748_21330102.jpg


本気の校長先生も、さすがに
三人の女子相手にはかなわない、
上手投げで土俵の外にすってんころりん。

e0348748_21021853.jpg




全校児童200人もいないであろう、
小さな小学校。

そこからすぐ上の山でのお相撲。

おとぎ話の世界は、リアルだった・・・


そんなことを思わせてくれた、
ぐっとくるひとときでした










[PR]
by pikabo | 2015-06-26 21:14 | 八ヶ岳スローライフ
<< 土をこねて器を作るということ 身近な存在 >>